<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.15 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

送別ディネ@ラフリオレ

2011年10月7日


前から行きたいと思っていた『l'Affriolé』ラフリオレというビストロ。


超人気店の王道ビストロ『ラミジャン』と同じ通りにあるけれど、本などによるとこちらはちょっとかわいくて女性受けしそうな印象。


電話予約はハードルが高すぎて諦めていたのだけれど、フランス語の堪能なMちゃんが予約してくれました*(^o^)/*


オーストラリアのWちゃんも既に帰国してしまったため、今回は日本人4人で、あたしは明後日帰国するのでパリでみんなとディネできるのは今日が最後です。





黄緑色のイスに黒のテーブル、一面の壁は黄緑のタイルを組み合わせた幾何学模様。想像していた以上にポップでカラフルな店内。





まず、生のラディッシュと粗塩、レーズンバター、エビパンがでてきた。

このラディッシュがみずみずしくて美味しい!

ついつい手がでます(^^)







サービスのお兄さんは、丁寧に料理の説明をしてくれて感じもいい。


お料理は、名前だけ見ると定番のメニューなのに

出てきたら、想像とまったく違った形に再構築されていて、

しかもどれもとても美味しい!!


お皿や器・盛りつけも斬新(°∀°)b 






(それぞれのメニューの名前は失念してしまったので省略します。。。(^_^;)




ブーダンノワールを頼んだらでてきたのがコレ(・∀・)







ここからデザート♪ヘ(゚∀゚*)ノ







デザートの後も、コーヒー・チョコ・バニラの三種のポドクレーム、オレンジ水のギモーブ、フレッシュフルーツなども出てきて超大満足ヽ(゜▽、゜)ノ



・・・3ヶ月ずっと一緒に学校に通ったお友達と、楽しい夜が過ごせました♬








アパルトマンへ帰る途中。

夜のカフェのこの雰囲気、すっごい魅かれる(*゚ー゚*)





この暗い夜の街に浮かび上がるお店の明かりが、暖かくて好き〜(・∀・)







JUGEMテーマ:ヨーロッパ 

マカロンマカロン♪

 2011105

リュクサンブール公園。


今年は8月頃は寒かったのに9月に入って暑くなったりと、おかしな気象だったせいで、紅葉せずに枯れているのが残念。



植木を丸ごと移動中。



休憩時間にくるMちゃんと待ち合わせて公園ランチ。


パリの人は、外でゴハンするのが好きだから、たくさんあるベンチもどんどん人でうまっていく。


その後、Mちゃんがスタージュしている『アールマカロン』でマカロンを購入。



聞いていた通り、外側のコックと挟んであるガルニチュールの馴染みがとてもよく

美味しいマカロンでした。特にプラム♪





JUGEMテーマ:ヨーロッパ



ボンポワンでお茶

 2011104

本日は、まずマドレーヌ広場へ。

紅茶などのお土産を物色するため、フォションとエディアールをはしご。

紅茶・お菓子・パンのみならず、あらゆる食品やワインセラー・総菜売り場などもあり、見応えがあった。




フォションの本格フレンチなお惣菜には手をだせず、お手頃なサンドイッチとカフェラテでランチ。




曇天のセーヌ川。



クラスメイトSさんの奥さんのAさんと、娘さんのHちゃんと、高級子供服店『ボンポワン』の地下にあるサロン・ド・テでお茶。




とっても愛らしい店内。






私たちは、石造りのステキなテラス席で。





お客さんもちょうど少なく静かで、おいしい紅茶と焼菓子で話もはずみました(^^)





JUGEMテーマ:ヨーロッパ


散歩&ディネ

2011103


本日は、夕方からMちゃんと散歩&ディネ。




なぜかカタツムリの装飾がいっぱいの通り(名前は忘れた^^;)。





知人のお茶のお店をショップカードを頼りにさがしたけれどみつからず、暗くなってきたので諦めて、先日行ったカフェコンスタンの系列店のココット料理専門店へ。


新しいお店で、ライムグリーンを基調とした内装のカジュアルなお店。

お料理をストウブのココット鍋で提供してくれるらしい。





前菜のテリーヌ。これはお皿で。




『本日の蒸し野菜』は野菜だけでこのボリューム。







カウンター席のみだけれど、広々と空間が使われていて落ち着ける。



気軽で美味しく、しっかり栄養できる使い勝手の良いお店(^^)





JUGEMテーマ:ヨーロッパ


マレ〜ヴォージュ広場

 2011102

本日もよい天気です♪


セーヌ川を走るボートが気持ち良さそう。



市庁舎。



太陽の光でキラキラ輝く噴水もいい感じ。



お土産探しに、ふたたびマレへ。



キャラクターグッズや手頃なフィギュアや日用品など、いろいろ売ってて良さそう。






ヴォージュ広場横のカフェ。ここ超雰囲気ある♬




画廊がいくつもあった。




広場を囲む回廊。






本日の戦利品。ちっちゃくてかわいいもの。



飛び出す切絵カード。つい買ってしまう。




ノートルダム寺院。繊細な感じがステキ。






JUGEMテーマ:ヨーロッパ



マレ散策

 2011101

散策中、おいしそうな焼菓子のお店を発見。






バター系の焼菓子がおいしそうなので、2個ほどゲット♪( ´▽`)



・・・後になって知ったけれど、『Meert』は、北フランスの伝統菓子“ゴーフル”で有名なお店だったようだ。

「しっとり柔らかくてもっちり食感でクセになる美味しさ」だとか。・・・残念(;▽;)





ポンピドゥーセンターから、遠くにサクレクール寺院を望む。よい景色。




下の池もアート。




マティスの切り絵も。






この絵、数年前にも見たけど、とっても印象的で気になる。




写真ではわかりづらいけど、宙にういて回ってます(・ω・)





フランスの美術館はほとんど写真OKがみたい。


あとから思い出して楽しめるし、いいよね〜☆






JUGEMテーマ:ヨーロッパ




秋♪

 2011929



まずは、マレ方面へ。レ・ヴィニョールという雑貨屋さんでマカロン型の置物などを買う。


かわいい雑貨屋をいくつか見て戻った後、アパルトマンから10分くらいのところのでっかい『MONO PRIX』に、お土産の下見を兼ねて行った。



ジロール。超おっきい。

買わずにはいられなかった(^^)



ウズラ。スーパーのお肉屋さんなのにすごい品揃えだった。





・・・最終的にこうなって、秋の味覚をおいしく頂きました。






JUGEMテーマ:ヨーロッパ

ブーローニュの森

 2011925


パリには東西の外れに大きな公園、というか森がある。


そのうち西にある『ブーローニュの森』に行ってみた。


メトロで南の端『Porte d'Auteuil』まで行き、そこから北に向かって縦走するプラン。


森はものすごく広そうだし、内部にメトロもバスも無いから

途中で疲れて歩くのが辛くなっても、最寄り駅までかなり距離がある。

日が暮れたら、娼婦や娼夫の営業の場・またはゲイの方逢い引きの場となるって噂だからそれまでに帰らないといけない。



駅から森の中に入って行くあたりで、もうスケールの大きさが感じられ不安がよぎったが、せっかくここまできたので先へ。


内部には競馬場もあり、まずはもうすぐ世界一のレース『凱旋門賞』が行われるロンシャン競馬場を見に行った。




平日だしレースはやっていないんだけど、芝生の緑も鮮やかで、有名なレースが行われる場所としての気品が感じられた。


厩舎村みたいなところも発見した。

ここで調教もしてるのかも?っていうか一般人が入り込めるところにあるの?


南北に走るメインストリートを北上していると、360℃深い森にかこまれているという濃い空気が伝わってきた。






内部には有名なレストランもあった。





所々に、広場のように休める場所があるが、太陽好き・ピクニック好きのパリの人がいっぱいくつろいでいる。


次に向かったのは、バガテル公園。9月も後半だけど、バラも少し咲いている。紅葉前の熟したような木々や草が、初秋の日差しに映えて、とても美しい庭園だった。







テラス好きのパリの人でごった返している、ガーデンカフェ。




白鳥が泳いでいる池。




洞窟と滝。

洞窟の内部が通り抜けられるようになっていて、滝を裏側から見ることが出来た。







途中で気が遠くなったけれど、なんとか日が傾く頃森を脱出。





トロカデロの『carette』でパンを買って帰宅。

たくさん歩いた一日でした(^^)/








JUGEMテーマ:ヨーロッパ



送別ディネ@カフェ・コンスタン

2011824


クラスメイトのWちゃんが帰国してしまうのということで、

みんなでディネに行った。


おいしいお店をみつけるのが得意そうな

オーラを発しているオリヴィエ先生が

仲間としゃべっているのを小耳に挟んで知った、

Cafe Constant』というお店。


ハズレ無しでバイブル化してきた“フィガロ”にも、

もちろん載っていたので安心だ。







どれもボリュームたっぷりでお味もよい。








デザートは、“クレームカラメル” に “ムースオショコラ”、

“イル・フロッタント”・・・とシンプルで基本中の基本みたいなラインナップだったけど、

しっかり美味しくて、大満足。


サービスのお兄さんも親切で愛想が良くて、よいお店でした。



駅まで歩く途中からのエッフェル。





Wちゃんもエッフェルが大好きで、名残惜しみながら

バシバシ写真撮ってたな。


今はネットでつながれる時代だけど、

彼女はオーストラリアの子だから

もうなかなかリアルでは会えないと思うと、

きゅんとしながら、バスに乗ったWちゃんを見送った。











パリの夏休み

 


8月2日


ヴァカンスを利用してパリに来ているKさんと、トロカデロのcaretteでランチ♪

Kさんが「サラダカレット」、私が「プーレサンド」、そして二人ともシードルを頼んだ。


そしたら、想像以上の迫力!! 





バカンス時期のパリはとても静か。

いつも満席の賑わいのcaretteも比較的のどかで、とてもリラックスした時間が過ごせた。


本当は「ケーキもおいしいから、デザートも食べたいね」と言っていたのに、メインを完食できず・・・。とてもフレッシュでおいしかったけれど、やっぱ食べきれなかった。。。


ケーキと明日の朝ご飯用のパンはテイクアウトして、店を出た。


前日まで、ユーロスターでうつされた(たぶん間違いない)風邪で寝込んでいたので、少しのシードルで酔いが回ってしまった。

散策してたら気持ち悪くなったので、Kさんの滞在しているアパルトマンで休ませてもらった。


蔦の絡まる美しい中庭に面したステキなお部屋。

そして、ベッドが紐を引っ張ると天井から降りてくるシステム!?


パリは狭いアパルトマンが多いから、壁に収納したり天井に収納したりソファベッドにしたり、いろんな工夫があるみたい。




8月5日


ユーロスター風邪をやっつけ、Kさんとディナー。


バカンス時期でなかなかやっているお店が少ないなか、 Kさんが見つけて予約してくれたLedre-Rollinにあるビストロへ。


この夏のパリは涼しく・・・というか寒いくらいの気候が続いている。それにときどき激しいにわか雨。


パリの雨はシトシト降るものとだと勝手に想像していたのでだけれど、激しく雨が降ったと思ったら晴れて、また激しく降ったり・・・と変化がすごい。


この日も家を出る頃、ものすごい雨が降っていて、メトロまでの3分で靴の中までビショビショに濡れてしまった。

けど、目的地についてみると雨は上がっていた(^^:)


案内してくれた女性は黒のノースリーブワンピでとっても似合っていた。

こっちの人たちは、たとえ肌寒かろうと、夏を楽しむことを選ぶひとが多い。


公園に面したテラス席へ座る。


サーヴィスの男性はとても若い子が多く「バカンスだから学生のアルバイトなのかしら?」などと言いながらメニューを見る。フランス語も上手なKさん、臆することなく「あなたは大学生?」と聞いている。


前菜の「エビとアボガドのカクテルサラダ」と「ガスパチョ」はなかなか良かったと思う。




メインがなかなかこなかったり、デザートもイマイチだったけれど、雨上がりの公園の緑がすがすがしかったので良しとしよう。


会計を済ませて、お店を出ようとした途端、再び激しい雨が降ってきた。

しばらく席に戻って、雨をやり過ごす。


そしてアルマ橋の遊覧船乗り場へ。

遊覧船にはいくつか種類があるけれど、ここからは「バトームーシュ」に乗れる。



夜の10時半を回るくらいに出発。街の明かりが水面にキラキラ光るのも、歴史的な建築物やパリらしいアパルトマンが浮かび上がるのも、美しい。そして河岸に浮かぶさまざまなタイプの船もかわいらしい。





セーヌには本当にたくさんの橋がかかっている。


それぞれの橋について説明のテープが流れるのだけれど、たくさんの言語をカバーしようとしすぎて、(フランス語英語スペイン語ドイツ語・・・中国語韓国語そして日本語!)だんだん橋より遅れ気味になる(^^:)。

日本語の解説者の声が、必要以上に暗く深刻なトーンなのがちょと気になる。や、だいぶ気になった(^^:)。


昔、この場所で、そんな有名な出来事があったのね!?・・・みたいな感じで、しかもたくさんの出来事があったのね!?・・・って感じで、歴史の深さに驚く。Kさんは歴史も詳しいので、パリでたくさんの流血な出来事があったことも認識した上で、パリを好きみたいだけれど、私は認識が甘かったと思った。歴史の光と闇についてちょっと考えたりして。


サンルイ島を過ぎ、シュリー橋を過ぎたあたりでUターン。アルマ橋まで戻ってきたが止まる気配はなく、エッフェル塔を左に見ながらまだまだ進む。ミラボー橋あたりまでようやく折り返し、再び美しくライトアップされたエッフェル塔を堪能して、終了。




やっぱりエッフェル塔はいつ見ても良いな。。。♪


想像以上に充実した夜のセーヌ川クルーズでした(^^)



JUGEMテーマ:日記・一般


paris...

search this site.

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

recommend

ラデュレのお菓子レシピ
ラデュレのお菓子レシピ (JUGEMレビュー »)
フィリップ・アンドリュー

recommend

recommend

recommend

recommend

links

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM